PINKBUNNY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS加工

加工なんて自己流以外の何物でもないですが
こんな感じで加工してます、って紹介だけ。。。
▽元画像
撮影場所:チームルーム 簡易環境設定:3
0


▽使用ツール
Photoshop:リサイズ/細部修正/著作権表記 etc
PicMonkey:フリー(一部有料)のブラウザ加工
PixlrTouchUp:フリーのChrome加工アプリ


①完成イメージを立ててリサイズ・配置します。



②暗いのでとりあえず全体的に明るさ・コントラストを弄って見やすくします。
(明るさ:80 コントラスト:-30)



③マスクor切り取りツール等で前面の人物のみを切り取り→コピー。
※分けた部分を分かりやすくする為、左はあえて透過させています。
 


④明るいままでも良いのですが奥行きを見せたい為、背面を暗くします。
(明るさ:-80 コントラスト:50)
4


⑤切り取り時のはみ出た部分とか処理して、一旦保存。
5


PictMonkeyを開いて、Editから画像をアップロードします。
※全画面だったので、配置少し弄りました。

一番左端のアイコンでリサイズ/角度&色調補正etc...出来る所もあるので
Twitterとかぱぱっとupしたい時はこっちで全部終わらせてしまう事も・・・



⑦Ortonから、Bloom Brightness Fade(100%で元画像) 弄っていきます。
(Bloom:3% Brightness:71% Fade:40% にしました。)



⑧CrossProcessで、緑 青 赤 のカラーバランスを弄ります。
※1度に3色同時に弄れる訳ではないので、1回ずつ数値を入力します。
(1回目 Blue:80 / 2回目 Red:90)
8B80R90


⑨Radianceで光が入れれるので、適当に光いれて保存します。
※これも2回してます。



⑩ChromeアプリのPixlrTouchUpを起動して、画像をアップロードします。



⑪Overlaysからエフェクトを選択して、適応度を決めて保存します。
(Street:17 にしました。)



⑫最後にもう一度Photoshopに戻って、色調調整/靴&腕の金具に光/著作権表示させたら完成です



長々と最後まで見て頂き、ありがとうございました
&この程度の加工で申し訳ないです・・・

まだまだフリーで加工できるブラウザアプリがあるので
自分でも探して色々試してみたいな・・・と。



余談ですが、PixlrTouchUpと同系列のPixlr-o-maticもたまに使ってます。
長所・短所があるので使い分ける感じで・・・

Pixlr-o-matic:エフェクトの種類が多い/フレーム有り/適応度無し
PixlrTouchUp:エフェクトは↑に比べて少なめ/フレーム無し/適応度有り

別名で保存→元画像に乗せて透明度変更 で使ってます。

comment

secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。